なかなか進まない引っ越し後の荷解き、効率的に進めるには?

荷解きにも期限を設けてしまう

荷造りの時には引っ越し業者がやってくる日取りが決まっているものです。ですから、誰でもこれに間に合うように無理をしてでも荷造りをします。ですが、荷解きが進まなくても誰かに迷惑がかかるということがないので、これが荷解きが進みづらい大きな原因となります。まずはいつまでに終わらせるか予定をたてるといいでしょう。それでも気が乗らない場合は誰かを招いてしまうというのも一つの手です。片付いていない荷物の山を見せないためにも、荷解きを済ませてしまう必要がでてくるからです。

大きなものから片付けていく

片付けを進める上で最初に手をつけたいのは、やはり家具となります。収納などを配置しなければ細々としたものを仕舞うことができませんし、最初に大きなものが片付けば作業スペースの確保にもつながるため、その後のダンボールを開ける作業がやりやすくなります。また、心理的にもプラスに作用します。大きなものが片付くことで見た目での量がかなり減るからです。最初にダンボールをあけてもたもたしていると、段々と作業が嫌になってきてしまいますよね。

ダンボール詰めにも工夫を

ダンボールは荷造りの時にちょっとした一手間を加えることで、荷解き作業が捗るようになります。何を仕舞ったかを書いておく、というのは誰でもやっている方法ですが、これを一ヶ所だけではなく上面からでも横からでも分かるようにしておくのです。ダンボールはまとめて縦横に積みますが、こうすることで何が入っているのかを確かめるために他のダンボールを動かす回数を減らすことができます。ダンボール一つを動かすだけでも力作業となりますから、その手間が減ることで計画が立てやすくなるのです。

不用品の回収はいらないものを引き取ってくれますので不要なものがある方はぜひこうしたサービスを活用しましょう。