入ってみたいと思うお店って?服屋で集客を得るための方法とは

やっぱりみんなセールには弱い

ショッピングモールなどに行っても服屋は非常に多く、たくさん店がありすぎて目移りすることも多いものですよね。そんな中でもやはり客として惹かれてしまうのは、セールをしているお店です。季節もののセール商品のワゴンが店先に出されていたり、大きく「半額セール」などと書かれたチラシが壁に貼られていると、足を止めてしまうものでしょう。またお店によっては、「タイムセール」というものをしている所もあり、一時間だけの半額セールなどとなると必死で商品を探してしまうのが、人間の心理といえるでしょう。

店頭のマネキンは需要!

服屋では、どんな服を扱っているのかお店の雰囲気をまず知ることができるものとして、店頭のマネキンがあります。マネキンにはその店の人気商品や新作の服などが着せられていることが多く、客としてはとても参考になるものです。マネキンが着ている服がおしゃれであったり、自分の好みに合ったりすると、そのお店に入りたくなります。また客によってはマネキンが着ているトップス、ボトムス、アクセサリーや小物などのコーディネートを真似したくなる人も多く、中には「マネキン買い」と言ってマネキンが着用している服をそのまますべて購入する人もいるくらいです。それくらいマネキンの存在は、客の購買意欲に影響するのです。

ポイントカードの割引や特典サービスは大切

お店によっては、商品を買うとスタンプを押してくれたり、会員登録できる所もありますよね。ポイントが溜まると何割引きかのサービスが受けられたり、ポーチなどのアイテムをもらうことができるなどの特典があり、客としてはそういった「お得感」があるととても嬉しくなるものです。またポイントを貯めなければ・・・という心理も働いて、そのお店へリピートする確率も上がることでしょう。このようにポイントカードや会員割引などのシステムは、集客効果を得るために大切なものだといえるでしょう。

O2Oによってネット店舗と実店舗の連携を図ることで相乗効果で顧客のニーズを掴んで売り上げも伸ばせます。