電話で自分からプライバシーを公表しない方法3選!!

電話に出る時は名前を言わない!

最近プライバシーという言葉が大変重要視されるようになり、個人情報の流出等に神経を過敏にさせている方もいらっしゃるかもしれません。しかし案外自分でも気づかないところで個人情報を話してしまっていることがあるのです。その一つに電話がかかってきたとします。その時に必ずと言っていいほど大半の方は自分の名前、特に名字を言ってしまいます。相手があなたのことを特定できていないにもかかわらずあなたが自分で名前を公表してしまうという事態が起きるのです。

電話番号を伝える時には家の電話番号にしよう

最近では緊急で連絡を取りたいときのためなどの為や電話認証などの機能から携帯電話やスマートフォンの電話番号を使うことが多くなりました。しかしこの電話番号は個人情報の塊と言っても過言ではないほどであることをご存知でしょうか。場合によっては住所などの特定だけでは済まない場合があります。容易に携帯電話などの番号は人に教えずにできる限り固定電話の番号を使うようにして自身のプライバシーをできる限り守るようにしましょう。

SNSにはご用心を!

最近老若男女を問わずに便利に利用されるSNS、非常に使い勝手がよくて楽ですよね。しかしこのSNS意外な落とし穴があることをご存知でしょうか。それは基本的に電話番号認証になり、また電話帳に入っている友人や会社の同僚の番号までもを抜き取ってしまうことがあります。よく友人を勝手に検索して出して来るということがありますが、それは電話帳の電話番号を照会しているからなのです。自分だけでなく他人をも巻き込む可能性があるのでご注意ください。

機密文書は会社にとりまして本当に大事で重要な文書ですので各社員が秘密を守って社外に持ち出さない様にしなければなりません。