タクシー運転手の知られざる秘密!概要と動向!

タクシー運転手になるには

タクシーの運転手になるには客を乗せて車を運転するときに必要な二種免許が必要となります。二種免許は教習所などで取得できますが、タクシー会社によっては二種免許取得までのサポート体制があるところもあるようですね。ちなみに個人タクシーとして業を営む場合は、国土交通省が実地する試験(実務10経験年以上)に合格する必要があるようです。乗客の命を預かって運転するわけですから、高度な運転の技術・知識が必要ですね。

タクシー運転手のメリット

タクシー運転手という仕事のメリットは、他の職業と比べて比較的自由であることです。もちろんタクシーはすべてデータ化されていますから、好き勝手していいわけではありませんが、一度営業所を出てしまえばある程度の自由はきくそうです。オフィスで机を並べて仕事をするのではありませんから、嫌な上司と顔を合わせながら小言を言われる、そんなことはありませんね。ただし、給与は歩合制なので一生懸命働くかなければ見合った収入は得られません。

タクシー運転手の収入

給与は歩合制なので稼げるコツを知った人とそうでない人で差があるようです。長距離移動のお客さんを乗せれば乗せただけ稼げるので、長距離を移動するのお客さんを見つけるコツを持った運転手は、年収400~600万円稼いるようです。10年間無事故無違反で個人タクシーの資格を得るとタクシー会社からの天引きがなくなるので、年収500万円近く稼げます。平成25年の平均月収は23万円、そこから推定される平均年収(ボーナス込み)は297万円だそうです。

役員運転手というのは、会社の役員や重役などの運転手なのでとても神経を使わなければなりませんが、その分きちんとやれば強い信頼を得ることができます。