トイレ詰まり・・業者に頼む前にできること

道具を使ってトライ!すっぽん(ラバーカップ)で流す

もしトイレが詰まってしまったら、すぐに業者にお願いしたいところですが、お金がかかる上、業者もすぐには来ることはできないのに、尿意と便意は長く待つことはできません。そこで、トイレ詰まりの際にまずできることをまとめてみました。最初は、道具を使った方法で、トイレ掃除をするブラシで奥をえぐってみて流れないかを試してみます。詰まりが奥深くない場合や、トイレットペーパーの詰まりの場合はこれで解決することも多いのですが、奥深くまで詰まってしまっているようでしたら通称「すっぽん」と呼ばれている(正式名称は「ラバーカップ」です)あれの出番です。よく便器に密着させてから一気に押し込んだり引いたりを繰り返すと中の異物が動いてつまりが解消されます。

液体を入れてトライ!お湯や薬剤で流す

詰まったものにもよりますが、大便が詰まっている場合は、熱を加えることで便の脂分が柔らかくなり、流れやすくなります。なので、沸かしたお湯を入れて、少しおいてから、器具を使って流してみるのもよいです。また、もともと、流れが良くなくて黄色い尿石がたまっていたのでしたら、クエン酸を入れて少ししてから、流してみるのも効果があり、あわせて、重曹もいれると泡がたって詰まりがほぐされます。もし、髪の毛が原因の詰まりと思われるようでしたら、パイプ洗浄剤を入れてから流してみるのも効果があります。ただし、金属や日用品を間違って落としてしまったことが原因の詰まりの場合は、全く効果はありません。

やってはいけない対処法

詰まりを水圧で何とかしようとして、水洗のレバーをひねってしまうと、途中で水を止めることができません。あふれてしまえば、トイレ中に汚物がこぼれてしまうので、やってはいけません。もし、水を追加する場合は、バケツなどで追加するようにしましょう。また、最初の項目で上げたラバーカップでの対処は、紙や便で詰まっているのでなければ、あまりやりすぎると、逆に悪い結果を招く場合があります。ペンや、メガネが排水管のS字部分にはまってしまった場合、後で業者が来ても、大規模な修理が必要になってしまいますので、3分程度やってダメでしたら、あきらめて業者に頼むようにしましょう。

蛇口が外れてしまったり、パイプ等から水漏れが起きてしまうと大変です。そうした時には水道修理業者の手を借りてみると、素早く修理してもらうことができます。