インターンシップを有効活用して就職活動を実り多いものにしましょう

インターンシップとは

インターシップとは例年夏休み等を通じて自社での就職を志望する学生向けに実施されます。人気企業であればあるほど倍率は高く、応募しても中々参加できない場合が多いです。事前に課題となる論文やレポートの提出を義務付ける会社も多いですが、それが選考の基準となる場合があります。インターンシップの主な内容ですが、学生にビジネスに関する特定のミッションを与え、それに関するソリューションを考えさせる事が多いです。参加者でチームを作成し、課題に対して取り組む場合が多いです。

インターシップを活用するメリット

インターシップを活用するメリットは企業・学生側双方にあります。開催する企業としては自社に興味を持つ優秀な学生と早期にコンタクトを取ることで優秀な人材の確保に務める事ができます。好況時は学生側に選択肢の幅が広がっている為、優秀な学生を確実に採用したい企業には魅力あるプログラムを提供し、アピールする格好のチャンスです。学生側すると希望の企業の実際の社員の方から話を聞いたり、実際の業務の一部を体験できるなど、いい機会となります。

インターンシップの社会的効果

このようにインターンシップを実施し、有効に活用する事で企業・学生双方にとってメリットはありますが、中には就職協定違反すれすれの採用活動を実施する企業もあります。学生も人気企業に注目しがちですが、世間では小さいけれども面白い会社はいくらでもあります、長い職業人生の中で長時間を過ごす階会社ですのでインターンシップを有効に活用しながら柔軟な視点で仕事や会社を選ぶ事をおすすめします。そのためのインターンシップという取り組みは社会的にも評価されています。

ベンチャーでのインターンは、様々な事を学ぶ事が出来る機会となりますので、有意義な時間を過ごす事が出来ます。インターンで実際に働きながら、ベンチャー企業の特徴となっている独自の経営ノウハウなどを学ぶ事が出来ますので、業界研究としては最適の機会です。インターンから内定を貰う人も多くいますので、就職活動としても良い機会です。