何が大切?防災に備えての準備の確かな方法

災害に備えての防災グッズの準備

何らかの形で大きな災害に遭遇することは、可能性としてはあり得ることです。そうした災害に遭遇した時、生死を分けるのが、災害への備えです。防災の準備ができていたかどうかが、大きな運命の分かれ道となることもあるでしょう。もし災害にあった時に頼りになるのが、防災グッズです。体を守るためのヘルメットや軍手、さらに水や食料、火をおこす道具やラジオなど、災害時にあれば何かと役立つ必要最小限のグッズが、いざという時に助けになってくれます。

忘れていけない避難場所の確認

防災にとって重要であるのは、安全な場所に身を隠すということなんですね。災害に対する意識の高まりから、各地域では災害時の安全な避難場所が設けられています。住宅や学校、あるいは職場の周辺に、どのような避難場所があるかを知っていれば、安全な場所にすぐに駆けつけられます。避難場所は、救援物資を受け取るための拠点としても機能するため、覚えておいて損はないです。場所を確認するだけでなく、一度は足を運んでみるのもいいかもしれません。

災害時の情報を得る手掛かり

災害時には、生活で使われている情報メディアが機能しなくなります。このような事態でこそ、俊敏に災害情報について知る手段が必要なのです。まずは、ラジオを災害時にはいつでも利用できるよう、防災グッズや身の回りに備えておくことが効果的でしょう。ラジオは、乾電池で長時間駆動させることができるため、災害時の情報収集のための必需品です。さらに、携帯電話を持っていれば、災害時の情報連絡で利用できる可能性があります。

東日本大震災の際、携帯電話もなかなかつながらず、公衆電話も長い列が出来るほどであり、安否の確認が出来ないような状態が起こりました。以前より私の会社では安否確認のシステムを導入していました。携帯電話などからのインターネット回線を活用して安否の確認、現在つながる連絡先、現在の位置(自宅、会社、外出中)などの選択をして登録するシステムを入れて従業員の安否を確認しています。